忍者ブログ
welcome to my blog! TWティア鯖でカンストクロエをやってるレーヤと申します(''* メギミスと妖精の花をこよなく愛しております♪
2017 / 12
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 ゲームブログ テイルズウィーバーへ
゚+TW BLOG RANKING+゚
閲覧ありがとうございました♪よろしければ、1クリックお願いします(>ω<*)


『……悪魔というやつは、赤ん坊が生まれる瞬間、
その耳元で秘密めかした言葉をささやき、黒い息をふうっと吐くというぞ。
そうすると、その赤ん坊は生まれると同時に言葉を話し、
一歳になる前に文字を読み、五歳になれば
そこら中にある本をすべて暗記してしまうんだそうだ。

 それだけじゃない。
どんな楽器でも楽々と弾きこなし、
詩人のように詩を書き、画家のように絵を描き、
さらには天使でさえ恥ずかしくなって逃げ出すような
美しい顔をしているというのだから。

 悪魔が最初に耳元でささやいた秘密の言葉を覚えていない限り、
そやつの運命はその真っ黒で尻尾の生えたやつの手から逃れられないんだ。
あ、すばらしい贈り物をたっぷりくれるのに、どこに問題があるのかって?

 おい、悪魔が贈り物をしてそのまま行ってしまうようなやつなわけないだろう……。 』
 

PR
にほんブログ村 ゲームブログ テイルズウィーバーへ
゚+TW BLOG RANKING+゚
閲覧ありがとうございました♪よろしければ、1クリックお願いします(>ω<*)


※注意※
カテゴリBookの記事はネタバレ含まれています。
でも、一人でも多くの人に原作に興味持ってもらえたらいいな!



『「五百ゴブルン!オルランヌの乙女に賭けるぞ」

「なに馬鹿なことをしているんだ。ゴブルン金貨二枚なら百エルソだぞ。
何が悲しくてあんなやせっぽちの娘に賭けるんだ」

「余計な口出しをするな。オルランヌの乙女は強いぞ。
くたばりぞこないのロバを売った金を酒場の女に巻き上げられなければ
もっと賭けたんだがな」

「人気の低い所に賭けなければ儲けにはならんぞ」

「おれはやっぱり子爵の御曹司に賭ける。良い血筋に賭けてこそ、血のような金を
失うこともないというものだ。おい、百エルソだ」

「いっぺんにそんなたくさん賭けるなよ。金貨が行ったりきたりするから目が回りそうだ」

「金のないやつは帰れ」

「何だと。トレビジョのヤマネコをしらないのか。やるか!」

「ハイアカンの王族に百ゴブルン!」

「植民領のやつらなんか根性無しばかりだぞ。他人の国に頼ろうという連中じゃないか」

「口を慎めよ。ここにティアの者もいるんだぞ」

「外に出ろ、田舎もんめ。ヤマネコの爪の怖さを思い知らせてやるぞ」

「子爵の御曹司に八百ゴブルン!」

いつまで見ていても飽きない。
金貨が積まれるにつれ、石板の上に書かれた数字がぐんぐん上がっていく。
一番人気は「子爵の御曹司」だった。圧倒的な支持だ。
当然配当は最低になる。
みな「子爵の御曹司」としか言わないので、名前はわからない。
二番目は「オルランヌの乙女」だった。シャルロットという名らしい。



にほんブログ村 ゲームブログ テイルズウィーバーへ
゚+TW BLOG RANKING+゚
閲覧ありがとうございました♪よろしければ、1クリックお願いします(>ω<*)


『「ケルティカの貴族にとって社交界で認められることは
とても大切なことのようです。仲のよい貴族がいろいろな理由を付けて
集まりを開くのですが、そのとき美しく礼儀正しい子供の下僕や侍女を連れていきます。
つまり、侍童です。彼らにとって侍童は非常に重要な装飾品であり、
容姿に優れた侍童を持つことが貴族の価値を決めるほどだということです」』



『すっと立ち上がると、ランジエは剣を抜き放った。素早い動作だった。
剣を握ったこともないように見えたランジエの動きは、驚くほど手慣れていた。
ボリスは目を瞠った。ランジエは白く輝く刀身を見つめていた。真剣な眼差しだった。
久しぶりに見るウィンタラーの刀身は、まぶしいほどに輝いていた。
剣を怖がっている様子は見えなかった。
無表情なランジエの顔は冷酷なウィンタラーに相通ずるかのように見える。
ランジエは剣を鞘に収めた。見事な動きだった。
ウィンタラーをボリスに返しながら、ランジエはボリスがいぶかしげな顔をしているのに
気づいたようだ。
「わたくしができるのは、剣を抜くことと鞘に納めることだけです。」
ランジエは自嘲するかのような笑みを浮かべた。
「貴婦人方の悪趣味の結果です。少女のようにかわいらしい侍童を好みながらも、
ときには侍童が男らしい魅力を兼ね備えているのを見たがるのです」』


にほんブログ村 ゲームブログ テイルズウィーバーへ
゚+TW BLOG RANKING+゚
閲覧ありがとうございました♪よろしければ、1クリックお願いします(>ω<*)


| HOME |



忍者ブログ [PR]